一般社団法人全国ノーリフティング推進協会 旅費規程

一般社団法人全国ノーリフティング推進協会
旅費規程
 
第1章 総  則
(目 的)
第1条 この規程は、一般社団法人全国ノーリフティング推進協会の社員の職員等(以下「社員の職員等」という)の業務に伴う旅費等の支給に関し、必要な事項を定める。
 
(経路及び方法)
第2条 行程は、最も経済的なものとする。但し、主催者の指定、天災地変その他やむを得ない事情により、これ以外の行程によらざるを得ない場合は、この限りではない。
 
(端数の計算処理)
第3条 この規程による旅費の算定において1円未満の端数が生じた場合は、その時点で円未満切り捨てとする。
 
(支給時期)
第4条 この規程による旅費は、予定の業務が終了した後、旅費申請書(第1号様式)の提出によって支給する。ただし、代表理事又は支部長が必要あると認めた場合には、事前に概算払いをすることができる。
 
(旅費等の支給制限)
第5条 当該業務の決裁者は、社員の職員等の請求に従って旅費等を支給した場合、不当に旅費等の実費を超えた場合、又は通常必要としない場合は請求された旅費等の全部又は一部を支給しないことができる。
2 予算上又はその他の事由により、旅費等を支給制限し、又は打ち切り旅費として支給することができる。
3 社員の職員等が所属する法人等の規程により旅費等が支給される場合にあっては、当会は支給しない。
 
(例外事項)
第6条 この規程に定めのない事項、あるいはこの規程によらない取扱いをする場合については、代表理事の承認による。
 
第2章 対象
(対象業務)
第7条 この規程における対象業務は、以下の各号のいずれかに該当する場合を対象とする。
     指導者研修(関連する打ち合わせを含む)
     一般研修(関連する打合せを含む)
     他団体の施設等での実践研修
     会議等、業務上の出張(事務局業務を含む)
     全国大会、シンポジウム等本会が主催する行催事(関連する打合せを含む)
2 本規程は役員会による出張は対象外とする。
 
(対象となる旅費等の種類)
第8条 支給対象となる旅費等の種類は、交通費、宿泊代、日当とする。
 
(交通費の支給基準)
第9条 交通費の支給基準は、以下の表によるものとする。
種  別 支 給 額
 
 
公共交通機関
鉄道 実費(特急、急行料金を含む)
バス 実費
タクシー 実費
船舶 実費
航空機(国内・国際線) 実費
運転代行 実費
本人又は同行者が運転の場合 車両 高速代、駐車料金、燃料費(注1)
       
(注1)燃料費 =(走行距離 ÷ 7km)×300円
 
(宿泊代の支給基準)
第10条 宿泊代の支給基準は、以下の表によるものとする。ただし、大会・研修会等の費用に宿泊代が含まれている場合は支給しない。
区  分 支 給 額
主催者・受入先が指定した宿泊先に宿泊の場合 実費(税・サ込み)
上記以外の宿泊先に宿泊の場合 実費(税・サ込み)、ただし上限1泊12,000円
 
(日当の支給基準)
第11条 日当支給の有無は、以下の表によるものとする。
  指導者研修 一般研修 他団体での実践研修
日帰り
(注1)
直線距離100㎞未満 支給しない 支給しない 支給しない
直線距離100㎞以上 支給する 支給する 支給する
宿泊
(注2)
直線距離100km以上 支給する 支給する 支給する
(注1)        直線距離は、所属施設と訪問先の住所の間の距離とする。
(注2) 直線距離100km未満の場合は、原則として宿泊しないものとする。
2 支給する日当の金額は、以下の表によるものとする。
日帰り(直線距離100㎞以上)の場合 1日当たり1,500円
宿泊した場合 宿泊した日 1日当たり3,000円
最終日 1,500円
 
附則 この規程は、平成29年3月13日から施行する。















定款 ▶規程 リンク ▶サイトマップ ▶個人情報の取扱い ▶サイトの利用について 
厚生労働省

パンフレット

安全介護実践講座

安全介護実践講座